ChapterTwo Webデザイン講座を受講して~その内容と評価(50代女性)

はじめに

近年は、新型コロナウイルスによる影響でリモートワーク・在宅での勤務が導入される一方で、職を失う人の増加、そして50代ともなれば年金制度についての不安も発生します。(将来、年金いくらもらえるんだろう等)

この件に関して、NHKの朝のニュースで、会社に勤めながらできる副業や、50代60代でも手に職を付けるためにオンラインでWebライティングやWebデザインを学ぶ人が増えていると報道しているのを2~3回見かけました。

そんな感じで需要が爆上がりしているWeb業界で、オンラインで何かしらを学べるスクールが乱立している今日この頃です。

それだけに、WebライティングやWebデザインを学ぶには、どのスクールを選べば良いのかと迷うこともあるでしょう。

その一つとして、私が学んだオンラインのWebデザインのスクールについてお伝えします。

スクールを選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

パソコン

ChapterTwoのオンラインWebデザイン講座を受講

株式会社Chapter Two(チャプターツー)は、主に映像クリエイター育成事業や映像制作受託事業をしている会社で、オンライン講座の提供(動画制作・Webデザイン)もされています。

私はあるキッカケで、2021年9月から2022年3月までChapterTwoのWebデザイン講座を受講しました。

やはり、今後に向けてWebデザインの技術を身に付けたかったからです。

ここからは実際に、ChapterTwoのWebデザイン講座の実録をレポートしていこうと思います。

というのも、私は過去に、オンラインで別のWebデザイン講座を受講したことがありました。

結果的にそちらはドロップアウトというかフェードアウトしてしまったので、その辺の事などと絡めてお話ししていこうかなと思います。

 

ChapterTwo 高単価でお仕事受注のためのWebデザイン講座の内容

ChapterTwo のWebデザイン講座の内容は、かなり充実していると思います。

① Webデザイン
② コーディング(Webデザインに必須)
③ 実際にお仕事を取るための営業ノウハウ

この3つを、6カ月で学びます。

どのように学ぶかというと、

① 毎月ごとの目標設定

毎月ごとに目標を設定したものを、講師の方が添削してくれます。
何に関してもそうですが、具体的な目標設定は大事です。
目標が無いとどこへも行けないですからね。

② 毎週土曜日に2時間のオンラインレッスン(リアルタイム)

毎週土曜日に、2時間のオンラインレッスンがありました。

リアルタイムで行われるので、その場で講師とのやり取りが出来て「生きた授業」を体感できました。

また、毎回レッスンを録画して配信してくれるので、その日に参加できなかった場合も録画を見て学習できるし、復習として何回でも見ることができます。

オンラインレッスンの様子はこのような感じです。

現役バリバリで活躍されている、長谷部先生(写真右下)による、オンライン講座
やさしい口調で、とても分かりやすい!

 

先生はいつでも顔出しでレッスンされますが、生徒は顔出し・出さないどちらでもOKなのです。
ワンコちゃんの写真を出している生徒さんも(右下)

 

バナータイムアップの授業(45分でバナー制作)
生徒が制作中の間、長谷部先生もリアルタイムでバナー作成。さすがのプロの技に感動!

 

③ 課題の提出→添削してもらう

毎回の課題を実行して提出すると、講師の方が添削してくれます。

現役で活躍されているWebデザイナーの講師に添削してもらうことで、技術がどんどん上達します。

④ オンラインで講師や他の受講生との交流

チャットツールのグループで講師や他の受講生と繋がって、交流ができます。

一緒に頑張る仲間が出来ると良い刺激になるし、分からないことを質問したり情報交換が出来たり、オンライン飲み会で今困っていることをお話ししたり、気軽なおしゃべりなども出来て楽しかったです。(今も継続中)


Slackというチャットツールを使用。
Photoshop・Illustratorの使い方が分からなかった時に質問を投げかけたら、同期の受講生さんが答えてくれました。

 

 

制作物を講師の方に添削をしていただけます。
FB(フィードバック)を文面で頂くこともありますが、公開フィードバック会で題材として取り上げられるチャンスも。

⑤ 公開フィードバック会(不定期)

不定期で、公開フィードバック会があります。(オンライン)

リアルタイムのライブで講師に添削してもらえるので、より分かりやすく効率的です。
その場で質問も出来るので、問題解決もスピーディーで助かりました。

ChapterTwo Webデザイン講座のサポート体制のレベルは・・・?

ChapterTwo Webデザイン講座のサポートは、かなり充実していると思いました。

どのような点かというと、

・配信動画を見て一人で学ぶのではなく、リアルタイムで受講なので、その都度質問が出来ること

・講師陣がその道で第一線で活躍されている方々なので、業界の最新の情報を教えてもらえること

・案件を紹介してもらえたり、コンペがあったりすること

・仕事の取り方(営業のやり方)を、かなり具体的に教えてもらえること

・クライアントとの打ち合わせに講師が同席してくれる(最初の2~3回。オンラインで)

このようなところです。

そしてなぜ、リアルタイムが良いかというと、
私は以前あるWebデザインの講座を受講していたことがあり、そこは動画を見て自分で学習するスタイルでした。
(2か月でフリーランスのWebデザイナーとしてデビューできるというオンラインスクール)

PhotoshopやIllustratorの操作方法も配信動画で説明があったのですが、どうしても分からないことが発生して、自分一人でネットでいくら調べてもどうしても解決しなくて、そこでくじけてしまいました。

(メールで質問も受け付けているとのことですが、そんなこと聞いたら悪いかなと思って聞けずじまいでした。)

それなので、ChapterTwoのオンライン講座はリアルタイムで相互のコミュニケーションが出来る上に、チャットツールでいつでも講師の方に質問したりやり取りが出来る環境は、とても有難かったです。

それに、同期の受講生さん達とも繋がれて、一緒に頑張る仲間に気軽にPhotoshopのことを教えてもらえたりしたので助かりました。

同期の受講生同士が助け合い、仲良くなって交流できたのがとても良かったです。

また、お仕事を取った場合のクライアントとの打ち合わせは、専門用語や業界のしきたり等、慣れないうちは不安だろうということで、講師の方が同席してくれるサービスも。

駆け出しのWebデザイナーは不安ですから、何とも心強いサポートです。

ChapterTwoのWebデザイン講座は、とことん生徒に寄り添った講座だなと思います。

ChapterTwo Webデザイン講座を受講してみて、どうだったか

私は以前は、Canva(誰でも簡単にデザインを作成できる無料ツール)を使って、好きな風にデザインを作っていました。
今見ると素人感丸出しで恥ずかしいです・・・。

でもChapterTwoのWebデザイン講座を受講してプロの技を学んで、本格的なバナーやヘッダー画像、イベントのチラシなどのWebデザインが出来るようになりました。

(コーディングは基本の基本を学んで、あとは他の人にお任せすることにしました(^^;)

苦手だったPhotoshop、Illustratorもちゃんと使えるようになりましたし、今後の仕事に生かせる技術を身に付けることができました。

やはり、Webデザインを学ぶ前と学んだあとは、出来栄えが全く違います。

ChapterTwoのWebデザイン講座は、挫折せずに完走できました。
こちらで受講して良かったなと思います。

詳しくはこちら!
↓ ↓ ↓
【超実戦型動画クリエイター・Webデザイナー育成スクール】

ChapterTwoのWebデザイン講座で制作した作品を、少しだけ公開

 

 

まとめ(ChapterTwo Webデザイン講座の評価)

Webデザインもコーディングも、添削してもらうことで技術が飛躍的に向上します。

ChapterTwoのWebデザイン講座は、講師陣と直接やりとりが出来て添削してもらえるので、やった分だけしっかりと技術が身に付きます。

日頃からチャットツールで双方向のやり取りができるので、「こんなこと聞いちゃ悪いかな・・・」ということも質問できる環境があることが最大の魅力だと思います。

ある程度のレベルに達すると案件を紹介してもらえたりするので、その点も安心です。

現役のWebデザイナーの講師から知識や技やトレンド、仕事の取り方など業界の最新情報を教えてもらえるので、本当に生きた授業だと思いました。

このように、内容もサポートもきめ細やかで充実しているので、Webデザインを学ぶならChapterTwoのWebデザイン講座がおススメです。

ChapterTwoのWebデザイン講座の詳細はこちら
↓ ↓ ↓