クリック率を上げるタイトルの付け方

2.クリック率を上げるタイトルの付け方

2-1.  対策キーワードを入れる

対策キーワードとは:
執筆する記事で上位表示を狙うキーワードのこと。
どのキーワードで書くかは、クライアント側から必ず指定がある。

例)「クレジットカード おすすめ」

おススメのクレカ10選!還元率や年会費を威嚇

※ 対策キーワードが無いと、検索結果に反映されないので、必ずタイトルに入れる。
また、なるべくタイトルの頭に近いところに入れる。

2-2.  簡便性を入れる

例)「SEOライティングのコツ」
サルでも分かるSEOライティングのコツ!おススメの本で勉強する方法は?

よく使う簡便性を伝えるフレーズ:
・初心者向け
・誰でもできる・サルでも分かる
・たった1つの方法

人はなるべく楽をしたい生き物なので、簡単に出来るもの・誰でも分かる という訴求に弱い

2-3.  数字を入れる

例)「SEOライティング コツ」

・最初に覚えるべきSEOライターのコツ5選!

・最初に覚えるべきSEOライターのコツ

数字を入れるだけで、具体的な内容が書いてあるとイメージされやすくなる。

2-4.  ベネフィットを入れる

ベネフィットとは

具体的な利益のこと。
メリットはただの利点だが、メリットを得た先にあるのがベネフィット。

例)筋トレ
メリット   :筋肉が付く、体力が付く
ベネフィット :気分爽快、かっこよくなって女性にモテる

2-5.  ペルソナを明記する

ペルソナは、タイトルに入れてもOK。
ニーズを調べた結果、読者に初心者が多いのに検索上位に初心者向けの記事が無ければ、[初心者向け] 〇〇の方法を解説!」というタイトルにすれば効果的。

「上級者向け」「30代向け」「女性向け」など、どんな人に向けての記事なのかをタイトルに示すことで、ペルソナが記事を読んでくれます。

2-6.  新しさをアピールする

新しさを感じさせる訴求の例

[最新] おすすめの〇〇〇
[2021年] おすすめの〇〇〇

古い情報より、新しい情報の方が「見たい!」と思われやすい。

2-7.  ?を入れる

?を入れたタイトルの例

・コロナ渦の今だからできることは?
・格安SIMでありがちな失敗例とは?
・なぜ多くの人はダイエットが続かないのか?

疑問形にすることで、読者の「え?どういうこと?」という知的好奇心をくすぐるタイトルになります。

 

記事ライティング