SEOライティングの方法

1.SEOライティングとは

1-1. SEOとは

SEOとは、検索エンジン最適化のこと。

検索エンジンとは、WEB上にある情報を検索できるサービスのこと。

主な検索エンジン:
Google / Yahoo / Bing 等

最適化とは、
「ものごとを最適な状態に近づけること」

検索エンジンの目的は、
ユーザーが検索した悩みを、すぐにストレス無く解決できるサービスにすること。
それにより、多くの人が検索エンジンを利用するようになる。

⇒ 検索エンジンは、ユーザーの悩みを解決できるであろうコンテンツ(記事やWebサイト)を検索結果の上位に表示する。

つまりSEOとは、
ユーザーが悩みを解決できるコンテンツを作り、検索結果の上位表示を狙う施策のこと。

Yahooの検索エンジンは、Googleの評価基準(アルゴリズム)と同じ。
⇒つまり、SEOはGoogleに評価されるコンテンツを作ればOK。

 

1-2. SEOに評価される記事とは?

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものは後からついてくる」

つまり、ユーザー目線の記事を書けば、良いコンテンツと判断し、上位表示すると捉えられる。

ユーザーにとって役に立つ記事として、

・知りたい事が過不足なく知れる記事

・知りたい事がすぐに分かる記事

・その内容を読むだけで、問題が解決できる記事

・読みやすい記事 など

*企保的にユーザーは、”ラクに答えを知りたい””答え意外のものは知りたくない”

*一つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
つまり、あれこれ情報を盛り込んだ記事ではなく、一つのことについて詳しく書かれた記事が一番。

→一つのこととは、”ユーザーが知りたい内容”
つまり、ユーザーがどんな悩みを持って検索しているか(検索意図)を的確にとらえた記事作りが必要。

 

1-3 キーワードの重要性

おススメのクレジットカードを作りたい時、

多くの人は ”クレジットカード おすすめ” Googleで検索する

Googleは、おススメのクレジットカードを紹介しているコンテンツをランク付けして順番に表示する。

 

→ Google検索において、検索窓に入力する単語(キーワード)はとても重要。
なぜなら、ユーザーが自分の悩みを解決するために起こす、最初のアクションだから。

 

キーワードから読者の悩みを想定する。

「クレジットカード おススメ」・・・おすすめのクレジットカードを教えて欲しい

「ディズニーランド 予約」・・・ディズニーランドのチケットを予約したい

「東京 天気」・・・東京の天気予報を知りたい

「ワクチン 副作用」・・・ワクチンで副作用が起きるのか/どんな副作用が起きるのか知りたい

 

*しかし、表面的な悩みを解決するだけではユーザー目線とは言えない。

 

「クレジットカード おススメ」で想定される、「おススメのクレジットカードを教えて欲しい」以外の検索ニーズ

・そのカードはどうやって申し込むの?

・なぜそのカードがおススメ?

・還元率とか年会費って何?

 

記事の中でこれらも解決しないと、読者は再度検索しないといけない。

=ユーザーの手間を取らせるため、ユーザー目線と言えない

 

表面的でないニーズ(潜在ニーズ)を汲み取り、記事の中で全て解決することで、読者の役に立つコンテンツとしてGoogleから評価される。

 

また、キーワードの数が増えるほどニーズが具体化される。

「クレジットカード おススメ 学生」

「クレジットカード おススメ 年会費 無料」

「クレジットカード おススメ 学生 年会費 無料」

 

2.記事リサーチのやり方

2-1.  なぜリサーチするのか

リサーチとは:
どんな記事を書けば検索上位に表示あれるのかを調べること。

Googleに評価されている記事の傾向や、検索するユーザーのニーズを調査することで、上位表示に必要な要素を洗い出す。

→ リサーチをしなければ、上位表示は不可能。

リサーチの手法:

・競合記事の調査
・検索意図の調査
・サジェストキーワード・再検索キーワードの調査

 

2-2. 競合記事の調査方法

競合記事とは:
対策キーワード(上位表示を狙いたいキーワード)で、既に上位表示されている記事。

競合記事の調査をすることで、どんな内容が上位表示に必要なのかが読み取れる。

1位の記事
・要素A
・要素B
・要素C
・要素D
2位の記事
・要素A
・要素B
・要素C
・要素E
3位の記事
・要素A
・要素B
・要素E
・要素
4位の記事
・要素A
・要素B
・要素C
・要素F

少なくとも上位表示には、要素A・B・は絶対に必要。
また、多くの上位に含まれている要素Cも必要そう。
EやFは、潜在ニーズを満たすなら入れる。不要なら入れない。

 

上位10記事をチェックして、記事内容の洗い出しをすれば、10位記事に入れる可能性が高い。

ただし、検索上位の内容と全く一緒はNG。

全く同じ内容なら、新しい記事を上位表示させる意味がないため。

上位記事にはないが、ニーズを満たすと想定されるコンテンツを入れると、上位表示される可能性がUP。

競合記事調査には、「ラッコツール」を使うと便利(無料)

(図)

入力したキーワードの上位10記事おタイトルと見出し、文字数を抽出してくれる。

 

2-3. 検索意図の調べ方

検索意図とは:
ユーザーがどんな悩みを持って検索キーワードを入力したのか、その意図。

⇒ 「クレジットカード 還元率」の場合

・還元率の高いクレジットカードを知りたい。
・クレジットカードの還元率とは何かを知りたい。
・クレジットカードの還元率が高いと、どんなメリットがあるのかを知りたい。
・クレジットカードの還元率は何%からが高いといえるのかを知りたい。

など、さまざまな検索意図が想定される。意図を的確に抑える必要がある。

 

検索意図の調査でおススメのツール:

・Yahoo知恵袋
・教えて! goo
・OKWAVE   などのQ&Aサービス

そのキーワードで調べる人は、どんな悩みを持っているのか調査できる。

 

2-4.  サジェストキーワード・再検索キーワードの調べ方

サジェストキーワードとは:

検索したキーワードに関連する、一度頻度で検索されるキーワード
検索回数が急上昇しているキーワードのこと。

⇒ 関連してよく調べられているキーワードなので、潜在的な検索ニーズを発見できる。

 

再検索キーワードとは:

検索キーワードの後に検索されているキーワードのこと。

⇒ 検索して答えが分からなかったら、再検索している。
サジェストと同様に、潜在ニーズを発見できる。

「ネット初心者のためのWeb集客3つのコツ」小冊子プレゼント

「ネット初心者のためのWeb集客3つのコツ」の小冊子をプレゼントいたします。

売り込みをしないで理想のお客様に来てもらう仕組みを作りたい自宅サロン・自宅教室経営者の方必見です。

※ 限定特典付き!